超初心者向け

チャート式数学

チャート式数学
この作品のアーティストの関連作をお届け!アーティストメール登録 書籍 出版社:数研出版
発売日: 2017年12月

チャート式数学


かなり久しぶりの更新です。 2015年度の指導も終わったのでここで2016年度の生徒の募集をしたいと思います。 募集の対象は全国の中学生、高校生です。 募集要項や私の指導例などの詳細はこちらのページへどうぞ。

  • この学校・先生は面白い! 〜東京学芸大世田谷小学校 沼田先生〜 (07/14)
  • チューリッヒ先生の計算問題 中学入試対策ゼミ (04/13)
  • 完全攻略 中2 数学 (04/12)
  • 古典文法トレーニング ステップアップノート30 (04/11)
  • 古典文法基礎ドリル ステップアップノート30 三訂版 (04/08)

新課程 青チャートⅠ+A (チャート式 基礎からの数学Ⅰ+A)

青チャート目次0
青チャート目次1

青チャ目次1
青チャ目次2
青チャ目次3
青チャ目次4
青チャ目次5
青チャ目次6

青チャ本書の構成0
青チャ本書の構成1
青チャ本書の活用方法

基本事項、本書の構成・活用
各節の最初に基本事項がまとめてあり、その節の問題として各種例題があります。基本例題の前の確認に使いましょう。パッと見で大丈夫そうな問題は飛ばしてもいいでしょう。

青チャート1A_0006
青チャート1A_0007

基本例題
基本例題の問題の難易度そのものは黄チャとそこまで差はありません。白チャとの違いを簡単に説明すると、白チャでは発展・補充例題に分類されていた問題が、青チャでは基本例題に分類されている、といった感じです。逆に、青チャで重要例題に分類されている問題は、白チャではEXERCISESに分類されているものもあります。

  • 主に教科書レベルから入試レベル0(なかにはレベル1や2もちらほらあります)までの問題が載っているので、レベル0〜1の入試の基礎基本作りとして使えます。
  • 基礎例題のタイトルのすぐ横には関連している基礎例題や発展例題の番号が記載されているので、関連問題を探すのに便利です。
  • 例題のすぐ下には、解答の指針があります。その下には例題の解説があり、欄外には言葉や式による補足説明があります。また、解答の下には、例題の考え方を詳しく説明したり、それを一般化した基本事項・公式、発展した内容などが「検討」や「POINT」として示してあります。なにかわからないことがあればまずはこれらに目を通してみましょう。
  • 問題の難易度が方位磁石マークでその個数に応じて5段階で表されていますが、これはテキスト内での相対的な難易度なので、大学入試の問題の難易度には対応していません。
  • 白チャに比べると問題パターンの分け方が大きく初習やそれに近い学力の人には扱うのが難しいです。同様の理由から一般的には学校対応には向きません。


練習
各例題にはそれに対応した類題として、「練習」が例題ページの下部に記載されています。難易度は例題とほぼ同じかやや難しいものもあり、中には例題の解答以外の知識や発想力が必要なものもあるので、扱い方に少し注意が必要な場合があります。これも白チャや青チャと違うところで、青チャの方が扱うのが難しい理由です。ただ、下の画像で示してあるような比較的平易な単元では、例題と練習でそこまでの差はありません。

青チャート1A_0008
青チャート1A_0009
青チャート1A_0010
青チャート1A_0011
青チャート1A_0012
青チャート1A_0013
青チャート1A_0014
青チャート1A_0015


重要例題

  • 大学入試レベル0〜1までの入試頻出パターンの問題を中心に構成されているので、基本例題が100%近く身に付いたあとに、この部分を学習すれば得点力が安定します。基本例題と合わせて身につけることができれば、レベル0までの大学の合格可能性はかなり高いと考えて良いでしょう。
  • レベル2の基礎基本作りとして使えます。
  • 単元によってはレベル2程度の問題もあるので、レベル1が目標の場合、全ての問題をやるのは時間の面で効率が悪いです。
  • レベル2が目標の場合は少しもの足りない部分もあるので、プラチカ、理系数学入試の核心(標準編)などの問題集で演習し思考力を鍛えるといいでしょう。
  • レベル3以上の大学入試だと、対応した問題の難易度や種類・量などが不足するので、青チャなどの上位の参考書を使うのをおすすめします。

青チャ重要例題

演習例題
重要例題よりもさらに難しい問題で構成されています。問題の難易度はレベル3程度です。すべての節や章にあるわけではなく、また、問題数は多くありません。

青チャ関連発展問題1
青チャ関連発展問題2
青チャ関連発展問題3


EXERCISES

  • Aは入試レベル0〜1程度、Bはレベル1〜レベル2程度なのでレベル1の大学入試に適しています。
  • レベル2が目標の場合の基礎基本作りに使えます(総評のデメリット部分参照)。
  • 問題は難易度や問題の種類に応じてAとBに分かれているので、扱いやすいです。
  • 各問題には関連する例題番号が載っているので、関連問題の学習をするのに便利です。
  • 基本例題・重要例題・補充例題の総合演習として設定されているので白チャのEXERCISESよりも問題の難易度も扱うのも難しいです。これも黄チャが初習やそれに近い学力の人には向かない理由の1つです。
  • レベル2が目標の場合は少しもの足りない部分もあるので、プラチカ、理系数学入試の核心(標準編)などの問題集で演習し思考力を鍛えるといいでしょう。

青チャEXERCISES

総合演習
巻末にはレベル2〜3を中心とした入試問題で構成されている総合演習があります。数Ⅰと数Aを合わせて53問あるのでEXERCISESと合わせて使えば、プラチカや理系数学入試の核心のような実践的な演習ができます。

青チャ総合演習0
青チャ総合演習1

略解
本体の巻末に問題の略解があります。答え合わせをしたいだけのときに使いましょう。詳細は下記の勉強法を見てもらいたいのですが、良い勉強法では解説を見ないでまずは自分で考えることが大切です。

青チャ略解


別冊解答
問題の解答は別冊です。本体の巻末に略解があります。全ての問題に対して、途中式を含めた解説がしっかりと成されています。解答自体に問題も載っているので便利です。また、言葉や式による補足説明もしっかりしていて、独学が十分に可能です。問題自体も解答冊子に記載されているので、これも便利です。

青チャ別冊解答0
青チャ別冊解答1
青チャ別冊解答2

チャート式数学


テキスト名(出版社、著者) 新課程 チャート式 基礎からの数学Ⅰ+A(数研出版、チャート研究所)
タイプ 参考書
値段 1720円+税
サイズ、刷 A5、2014年発行
頁数(問題の頁数、解答の頁数) 737頁(375頁、318頁)
問題量 ★★★★★
問題の難易度 ★☆☆☆☆
問題の解答 ★★★★☆
数学的理解が深まる内容 ★★☆☆☆
扱う難易度 ★★★☆☆
問題数 数Ⅰ:基本例題=111題、重要例題=24題、補充例題=5題、CHECK & CHECK =51題、PR=140題、EX=119題(A問題=68題、B問題=51題)、計=450題
数A:基本例題=92題、重要例題=27題、補充例題=3題、CHECK & CHECK =31題、PR=123題、EX=112題(A問題=72題、B問題=40題)、計=388題
1周目にかかる時間の目安 数Ⅰ:基本例題=27.75h、重要例題=6h、補充例題=1.25h、CHECK & CHECK =12.75h、PR=70h、EX=59.5h(A問題=34h、B問題=25.5h)、計=約178h
数A:基本例題=23h、重要例題=6.75h、補充例題=0.75h、CHECK & CHECK =7.75、PR=61.5h、EX=56h(A問題=36h、B問題=20h)、計=約156h
問題数÷頁数= 1.130
おすすめレベル 文:レベル1〜2、理:レベル1〜2


  • レベル2〜3の大学入試の勉強に適しています。
  • レベル4〜5の大学入試の勉強の基礎基本作りとして使えます。
  • 黄チャに比べてカバーできる難易度が広い
  • 教科書基礎レベルなど基本的な部分が省略されているので学校対応には向かない
  • レベル0〜1の大学入試の勉強には向かない
  • 量が多い

学校対応
一般的に学校対応には不向きですが、進学校ではプリントで配布するなどして使っているところもあるかもしれません。

入試レベル0〜1
このレベルにもあまり適していませんが、使うとしたらまずは基本例題とその練習のみひたすら進めて、その後に復習しつつそれらの例題に該当するEXERCISESをやっていく、というように問題選定しないときついでしょう。

入試レベル2〜3
このレベルにちょうど適しています。基本例題→重要例題→ここまでのEXERCISES→演習例題→演習例題のEXERCISES→総合演習のように一つ一つの段階を確実に身につけていくようにするといいと思います。青チャで受験科目の学習が終わったら、プラチカや理系数学入試の核心などでさらに強化し、その後は過去問演習するといいでしょう。

入試レベル4〜5
このレベルには少しものたりない部分もあるかもしれません。とはいえ、青チャをきっちりマスターすればこのレベルでも十分合格できる可能性があります。このレベルを目指す場合は青チャの完成度を100%近くまで上げておきましょう。

チャート式数学

白チャート1A_0002

巻頭の目次

章の先頭にある目次











白チャート1A_0000
白チャート1A_0001

基礎例題
基本例題の問題の難易度そのものは白チャも青チャもそこまで差はありません。黄チャや青チャとの違いを簡単に説明すると、白チャで発展例題・補充例題に分類されている問題が、黄チャや青チャだと基本例題に分類されているといった感じです。逆に、黄チャや青チャの重要例題など比較的難しい問題が、白チャではEXERCISESに分類されているものもあります。

メリット

  • 教科書レベルから入試レベル0(の中でも平易なもの)までの問題が載っています。節の中で問題がパターンごとに細かく分かれています。これが白チャート最大のメリットです。黄チャートや青チャートでは基本的な部分は、まとめてひとつの問題に統合されているので基礎・基本がしっかり身に付いていない人は扱うのが難しいです。ここでいう基礎・基本というのは高校内容というよりも公立の小学校や中学校で習う内容を指します。
  • 基礎例題のタイトルのすぐ横には関連している基礎例題や発展例題の番号が記載されていて、これは便利です。
  • 例題のすぐ下には、解答の指針として「CHART&GUIDE」があります。その下には例題の解答があり、欄外には言葉や式による補足説明があります。また、解答の下には、例題の考え方を詳しく説明したり、それを一般化した基本事項・公式などが「Lecture」として示してあります。
  • 発展・補充例題とは分離された構成になっていて、EXERCISESも別々に存在します。これにより、問題選定や優先順位をつけるのが黄チャートや青チャートよりも簡単になります。
  • 基礎例題を全て解けるようにしておけば、レベル0までの大学入試で3〜4割、場合によっては合格ラインの得点を期待できます。また、それ以上の得点を目指したり、さらに上位の大学を目指す場合の基礎作りになります。

デメリット

  • 問題の難易度が「方位磁石マーク」でその個数に応じて5段階で表されていますが、これはテキスト内での相対的な難易度なので、必ずしも大学入試の難易度とは対応していません。また「重要度・タイプ」もどの大学・学部・学科を受験するのか細かく対応できるものではないので、あまり使い勝手がいいものではありません。これらはあくまでも問題選定や優先順位の目安として使うといいでしょう。
  • レベル1以上の大学入試の場合、基礎例題だけではあまり得点にはなりません。あくまでも発展・補充例題やEXERCISESなどより難しい問題を解くための基礎作りのための問題です。

EX
各例題にはそれに対応した類題として、「EX」が例題ページの下部に記載されています。難易度は例題とほぼ同じで、例題の解答以外の知識が必要な問題もありますが、それらはどれも基本的な知識です。これが黄チャや青チャとの違いであり、黄チャよりも白チャをおすすめするポイントです。

白チャート1A_0004
白チャート1A_0005
白チャート1A_0006
白チャート1A_0007
白チャート1A_0008
白チャート1A_0009
白チャート1A_0010


発展例題・補充例題
各単元で基本例題とは分離されたセクションにあるので扱いやすいです。また、この部分にも独立してEXERCISESのページがあるので、それも扱いやすさに寄与します。白チャでここに分類される問題には、黄チャや青チャでは基本例題に分類されるものもあります。

メリット

  • 大学入試レベル0ないし1までの入試頻出パターンの問題を中心に構成されているので、基礎例題が100%近く身に付いたあとに、この部分を学習すれば得点力が安定します。基礎例題と合わせて身につけることができれば、レベル0までの大学の合格可能性はかなり高いと考えて良いでしょう。またレベル1に向けての基礎基本作りに活用できます。


デメリット

  • 単元によってはレベル1の問題まであるので、レベル0が目標の場合は全ての問題をやると、時間の面で少し効率が悪いです。
  • レベル1〜2が目標の場合は物足りない部分もあります。その場合には思考力養成ができる入試対策問題集(基礎力判定問題集、実戦力判定問題集、理系数学入試の核心(標準編)など)での演習すると良いでしょう。

白チャート1A_0015
白チャート1A_0016
白チャート1A_0017
白チャート1A_0018


EXERCISES
各節毎に設定されている演習問題のページです。ここで黄チャや青チャと差が出ます。問題の難易度が黄チャよりも低く例題とのギャップが比較的小さいです。黄チャや青チャはそのギャップが大きいので扱うのが難しくなります。

メリット

  • 「基礎例題」「発展例題・補充例題」のそれぞれに「EXERCISES」のページがあるのでとても使いやすいです。これが白チャの特長で、黄チャや青チャよりも優れているところです。
  • 問題の難易度は基礎例題より少し難しいものから入試レベル0、なかにはレベル1のものもあります。レベル0の大学入試に適していると言えます。レベル1の入試にも十分使えます。また、レベル2以上の場合の基礎基本作りにも活用できます。
  • 各問題には各問題には関連する例題番号が載っているので、対応する問題を探すのに便利です。

デメリット

  • 発展例題・補充例題については対応するEXERCISESの問題がないものがあります。これは重要度が低いのでEXERCISESの問題を作っていないか、そもそも問題のパターンが少ないためです。
  • レベル1の大学入試の場合は、白チャに加えて思考力養成ができる入試対策問題集での演習をするとより合格可能性が高まります。
  • レベル2以上の大学入試だと、対応する問題の難易度・種類・量が不足します。初習の場合は基礎基本を固めるために白チャが使えますが、すでにレベル1以上の学力があるなら青チャを使うことをおすすめします。

白チャート1A_0011


定期試験対策演習コーナー
メリット
この部分も白チャートの特長のひとつで、黄チャや青チャにはない項目です。問題の難易度は基礎例題や重要例題・補充例題と同じ程度なので、それらの反復練習として使えます。また各問題には関連している基礎例題の番号がついているので便利です。

デメリット
本文には『各章の中で、定期試験に出題されやすいような基礎例題の反復問題を扱った』と書かれていますが、どのレベルを想定しているのかわからないため、定期テスト対策としてはあまり使えません。自分で問題選定や目標設定、優先順位をつけられる人や、そういう指導をしてくれる人がいないと、定期テスト対策としてこの部分を扱うのは難しいです。

白チャート1A_0014

略解
本体の巻末に問題の略解があります。答え合わせをしたいだけのときに使いましょう。詳細は下記の勉強法を見てもらいたいのですが、良い勉強法では解説を見ないでまずは自分で考えることが大切です。

白チャート1A_0030


別冊解答
問題の解答は別冊です。本体の巻末に略解があります。全ての問題に対して、途中式を含めた解説がしっかりと成されています。解答自体に問題も載っているので便利です。また、言葉や式による補足説明もしっかりしていて、独学が十分に可能です。問題自体も解答冊子に記載されているので、これも便利です。

チャート式数学

青チャートシリーズ チャート式数学の中では赤チャートに次ぐ2番目の難易度。旧課程以来絶大な評価を受けており、進学校の副教材として最も多く使われているのがこのシリーズ。「青チャート」は略称で、正式名称は「チャート式 基礎からの数学」です。

チャート式数学
青チャート数学I+A
数研出版 / ¥1,860
難易度:基礎~難関
普及度:A 視覚度:B
基本・重要・演習の3段階の例題を解き進めることで、数学I+A範囲の典型問題の解法を習得する一冊。
チャート式数学
青チャート数学I
数研出版 / ¥1,330
難易度:基礎~難関
普及度:A 視覚度:B
青チャート数学I+Aの分冊。内容は、青チャート数学I+Aの数学I範囲と同一。持ち運びに便利。
青チャート数学A
数研出版 / チャート式数学 ¥1,280
難易度:基礎~難関
普及度:A 視覚度:B
青チャート数学I+Aの分冊。内容は、青チャート数学I+Aの数学A範囲と同一。持ち運びに便利。
青チャート数学II+B
数研出版 / ¥2,080
難易度:基礎~難関
普及度:A 視覚度:B
基本・重要・演習の3段階の例題を解き進めることで、数学II+B範囲の典型問題の解法を習得する一冊。
青チャート数学II
数研出版 / ¥1,510
難易度:基礎~難関
普及度:A 視覚度:B
青チャート数学II+Bの分冊。内容は、青チャート数学II+Bの数学II範囲と同一。持ち運びに便利。
チャート式数学
青チャート数学B
数研出版 / ¥1,320
難易度:基礎~難関
普及度:A 視覚度:B
青チャート数学II+Bの分冊。内容は、青チャート数学II+Bの数学B範囲と同一。持ち運びに便利。
青チャート数学III
数研出版 / ¥1,870
難易度:基礎~難関
普及度:A 視覚度:B
基本・重要・演習の3段階の例題を解き進めることで、数学III範囲の典型問題の解法を習得する一冊。
青チャート完成ノートI+A
数研出版 / ¥1,チャート式数学 160
難易度:基礎~難関
普及度:A 視覚度:B
青チャート数学I+Aの例題及び練習問題があらかじめ印字され、解答スペースが設けられているノート。
青チャート完成ノートII+B
数研出版 / ¥1,410
難易度:基礎~難関
普及度:A 視覚度:B
青チャート数学II+Bの例題及び練習問題があらかじめ印字され、解答スペースが設けられているノート。
チャート式数学
大学入試数学 テーマ30
数研出版 / ¥1,250
難易度:基礎~難関
普及度:B 視覚度:B
青チャート数学I,A,II,B,IIIの例題を、30項目のテーマに分けてピックアップし、わかりやすく解説。

黄チャートシリーズ チャート式数学の中では赤チャート、青チャートに次ぐ難易度のシリーズ。旧課程で高い評価を受け、副教材として進学校から準進学校まで幅広く使われています。「黄チャート」は略称で、正式名称は「チャート式 解法と演習」です。

数件出版の青チャート式数学と東京書籍のニューアクションレジェンドはどちらが解説が丁寧で分かりやすいですか?

ニューアクションレジェンドは知らないが。 青チャートは、解法も解説も良くない。 これから買うつもりの質問なら、青チャートはやめた方がよい。 買うなら、青チャートと大差ないlevelのものとして、 ① 総合的研究、② 標準問題精講、③ focus gold、の3冊。

2人がナイス!しています

あわせて知りたい

基礎問題精構とニューアクションレジェンドのレベル差について 旧帝理学部志望の高3です。 受験勉強として、4〜7月の4ヶ月をかけてニューアクションレジェンド1A2Bを1周するつもりでしたが、問題数が莫大で4ヶ月では中途半端になってしまいそうなので基礎問題精構にしようかと考えています。7月に網羅系を終えてからは夏休みにわからなかった問題を解き直して整理し、9月以降はプラチカと過去問をやって.

基礎問題精構とニューアクションレジェンドのレベル差について 旧帝理学部志望の高3です。 受験勉強として、4〜7月の4ヶ月をかけてニューアクションレジェンド1A2Bを1周するつもりでしたが、問題数が莫大で4ヶ月では中途半端になってしまいそうなので基礎問題精構にしようかと考えています。7月に網羅系を終えてからは夏休みにわからなかった問題を解き直して整理し、9月以降はプラチカと過去問をやって.

解説お願います。

▫️6番教えてください。

基礎問題精講数Iの式の展開なんですが、青丸の所まではわかるんですが、そこから先がわかりません。何が行われているのか理解できません。 どなたか教えてください!!

微分係数の定義および微分積分学の基本定理を利用して極限値を求めよ という問題を教えて頂きたいです。 lim[x→0]∫[0→x](1+sint)^2/x dt

余弦定理の問題で、 cosA=(2 √ 3)²+(3+ √ 3)²ー( √ 6)²/2×2 √ 3×(3+ √ 3)= √ 3/2 となるのですが、 √ 3/2の導き方を教えてください。

余弦定理の問題で、 cosA=(2 √ 3)²+(3+ √ 3)²ー( √ 6)²/2×2 √ 3×(3+ √ 3)= √ 3/2 となるのですが、 √ 3/2の導き方を教えてください。

ベルヌーイ曲線r=a・e^θ(aは正の定数)のθ=0における傾きを求めてください。

ベルヌーイ曲線r=a・e^θ(aは正の定数)のθ=0における傾きを求めてください。

画像の一番下の式はなぜ等しいのかがわかりません、、和積の公式?とかかなと思ったのですがならなかったです、わかる方教えてください!

画像の一番下の式はなぜ等しいのかがわかりません、、和積の公式?をどのように使ったらこうなるのかを教えてほしいです!

この分数関数の微分はどうやってやるのですか?教えてください。

至急お願いします。 高校一年生です。7月の初めての進研模試で偏差値70をとりたいです! 今は偏差値62程の高校に通っています。 特に数学に関しては範囲が狭いと聞いているので確実に頑張りたいです。 数学はサクシードとフォーカスゴールドを使っています これらの教材を持っている方々にお聞きしたいのですがそれぞれ何ページから何ページまで完璧にしたら偏差値70とれるか教えてほしいです 非常にめんどくさいことと承知していますが必ず頑張るので教えて下さい。

至急お願いします。 高校一年生です。7月の初めての進研模試で偏差値70をとりたいです! 今は偏差値62程の高校に通っています。 特に数学に関しては範囲が狭いと聞いているので確実に頑張りたいです。 数学はサクシードとフォーカスゴールドを使っています これらの教材を持っている方々にお聞きしたいのですがそれぞれ何ページから何ページまで完璧にしたら偏差値70とれるか教えてほしいです 非常にめんどくさいことと承知していますが必ず頑張るので教えて下さい。

数Ⅰ 2次関数 この問題が理解出来なかったため解説をお願いしたいです。

mを整数とする。 x²+3x+m=0が有理数解をもつならば、mは偶数であることを示せ。 で、私はまず、2解をα,βとして、 α+β=-3 αβ=m -3は奇数と偶数の和差で出来るから、mは偶数である。という方針でやったのですが、これで大丈夫なんですかね? 疑問点はα,βがどちらも既約分数だとして、 α+β=-3とはなるけど、αβ=mが偶数にならない可能性が否定しきれてない気がするんですよ。 模範解答では最高次係数が1で整数係数のn次方程式の有理数解は整数解であることを証明して、解をnとおいて、代入してm=2kの形を作ってました。

mを整数とする。 x²+3x+m=0が有理数解をもつならば、mは偶数であることを示せ。 で、私はまず、2解をα,βとして、 α+β=-3 αβ=m -3は奇数と偶数の和差で出来るから、mは偶数である。という方針でやったのですが、これで大丈夫なんですかね? 疑問点はα,βがどちらも既約分数だとして、 α+β=-3とはなるけど、αβ=mが偶数にならない可能性が否定しきれてない気がするんですよ。 模範解答では最高次係数が1で整数係数のn次方程式の有理数解は整数解であることを証明して、解をnとおいて、代入してm=2kの形を作ってました。

この問題を、矢印?みたいので、数え上げていく方法で解いてほしいです!

高校数学2。 以下の問題の解き方が分から ないので教えてください。

この解説がよくわかりません。 近いとか遠いとか書いてあるところが特に分かりません。よろしくおねがいします。

線を引いてある部分についてで、a/rをかける理由がわかりません!誰か教えてください

以下の写像についての問題がよくわかりません。 解説をお願いします。

至急です。数1の知識だけで解けるガウス記号の難問ってありますか。ある場合、URLなどを貼っていただけるとありがたいです。(証明とか作図でも構いません。) どうかよろしくお願い致します。

至急です。数1の知識だけで解けるガウス記号の難問ってありますか。ある場合、URLなどを貼っていただけるとありがたいです。(証明とか作図でも構いません。) どうかよろしくお願い致します。

7<4+√13<8 なぜこうなりますか?

一行目から二行目への積分はどういう考え方なのか教えてくださいm(_ _)m

この式に、X=0を代入すると、Yはどうなりますか?途中式もお願いします。

x≧y≧z, x+y+z=0でなぜx≧0, z≦0になるんですか?

x≧y≧z, x+y+z=0でなぜx≧0, z≦0になるんですか?

余弦定理の問題です。三角形ABCで、AC=7,BC=4√7、cosA=-1/7,cosB=2√7/7で、ABの長さをもとめるのに、cosAの余弦定理からの答えと、cosBの 余弦定理からの答えが違ってしまうのです。どうすればいいですか?

余弦定理の問題です。三角形ABCで、AC=7,BC=4√7、cosA=-1/7,cosB=2√7/7で、ABの長さをもとめるのに、cosAの余弦定理からの答えと、cosBの 余弦定理からの答えが違ってしまうのです。どうすればいいですか?

数学3の置換積分法について 写真の矢印のところの変形がなぜそうなるのかわかりません。 教えていただけませんか?

どうしてもこの式が変形できません 簡単に教えていただきたいです。

高校1年生の数1で、()内の係数を求める問題です。 普通に計算したら式がとても長くなってしまうので、もっと簡単な方法があれば教えて頂きたいです。 よろしくお願いします!

この練習六番ですが、この記述で丸は貰えますでしょうか?

高校数学 二次関数の最大値・最小値についての質問です。 この写真にある通り、定義域に制限のある関数の最大値・最小値を求めるという問題ですが、なぜ答えは最小値がないとされているのですか? 最大値はx=2で8をとり 最小値はx=4で0をとる ではいけないのですか?

統計学の問題で、標本平均の区間推定に関しての質問です。 この問題で標準偏差5.4時間は、解答の式にそのまま代入するu=5.4だと思ったのですが、解答では u=√n/(n-1)×s=√40/√39×5.4 となっていました。 無作為に抽出した標本から計算されているので、分散(チャート式数学 uの2乗)の標準偏差と思ったのですが、そのまま使うことができないのはなぜでしょう。 質問がわかりにくいとおもいますが、 私がこの問題を考えたとき、 18.2-1.96×5.4/√40

Focus Gold II+B 例題15が載っているページの写真を送っていただきたいです。 よろしくお願いします。

Focus Gold II+B 例題15が載っているページの写真を送っていただきたいです。 よろしくお願いします。

高校1年 数学A 順列の問題です。 自分で問題を作って解きたいのですが答えが合っているかわからないため、次の問題の答えを教えてください。 ・7個の数字0,1,2,3,4,5,6のうちの異なる6個を並べて6桁の整数を作るとき、次のような整数は何個作れるか。 (1)6桁の整数 (2)6桁の奇数 (3)6桁の偶数 解き方は理解していますので、解説を記入していただいても、答えのみの記入でも大丈夫です。2人以上の回答お待ちしております。よろしくお願いします!

高校1年 数学A 順列の問題です。 自分で問題を作って解きたいのですが答えが合っているかわからないため、次の問題の答えを教えてください。 ・7個の数字0,1,2,3,4,チャート式数学 5,6のうちの異なる6個を並べて6桁の整数を作るとき、次のような整数は何個作れるか。 (1)6桁の整数 (2)6桁の奇数 (3)6桁の偶数 解き方は理解していますので、解説を記入していただいても、答えのみの記入でも大丈夫です。2人以上の回答お待ちしております。よろしくお願いします!

数学III 積分の問題を教えて頂きたいです。 次の極限値を求めよ lim[n→∞]1/n∑[k=0→n-1] log(1+k/n) チャート式数学 よろしくお願いします。

反復試行で、「組合せ」をかけるというのが少し理解しにくいです。 例えば、下の写真のような問題で、私は (6/10)^2 ・ (4/10) = 18/125 としてしまったのですが、答えはこれに 3C1 をかけていました。 白玉が何回目に出てくるかも考慮しなくちゃいけないから3倍する、というのはわかりますが、3C1をかけるというのがよくわかりません。 解説お願いします。

自分で確証の持てる解答が出せません。数学が得意な方解説お願いします!

-|x-2|という場合xが2より大きい場合は絶対値をそのまま外すので-x-2ですか?それとも絶対値にマイナスをかけて-x+2ですか? 急ぎでお願いします

-|x-2|という場合xが2より大きい場合は絶対値をそのまま外すので-x-2ですか?それとも絶対値にマイナスをかけて-x+2ですか? 急ぎでお願いします

入試数学の掌握総論編のcheck17は行列を使わずに解けますか?

入試数学の掌握総論編のcheck17は行列を使わずに解けますか?

高3の不定積分の範囲です x√(x+2)dxは置換せずに積分できますか?置換できる場合どのように解くか教えて頂きたいです

高3の不定積分の範囲です x√(x+2)dxは置換せずに積分できますか?置換できる場合どのように解くか教えて頂きたいです

この漸近線はなんですか?

階差数列というのは それのどこかの項と隣の項との差が数列で表すことができるものですか? その差の変化は等比数列か等差数列ですか? 和の求め方ってありますか? 階差数列の一般項は 差を表す数列のnの手前までの和と初項であってますか?

階差数列というのは それのどこかの項と隣の項との差が数列で表すことができるものですか? その差の変化は等比数列か等差数列ですか? 和の求め方ってありますか? 階差数列の一般項は 差を表す数列のnの手前までの和と初項であってますか?

この三角方程式の問題を教えてください。 娘に質問されて、恥ずかしながら解くことができませんでした。 積和を使ったり、sinのみに変換したりしましたが、うまくいきません。 よろしくお願いします。

f(f(x))=f(x)↔f(x)=xのとき、 f(f(x))></p>
<p>f(x)↔f(x)>xとすることは可能ですか?

f(f(x))=f(x)↔f(x)=xのとき、 f(f(x))>f(x)↔f(x)>xとすることは可能ですか?

CE:EF=3:2をCEベクトル=3/5CFベクトル から求める解法を詳しく知りたいです! 回答お願いしますm(_ _)m

この答えになる理由がわかりません、説明お願いしますm(_ _)m 答えは -8≦a+b

高3生神戸大文学部志望です(質問初めてです、不備あったらすいません!) 先日受けた進研マーク模試の結果、数学がⅰA、2B合計で100点足らずでした。合計555で、他の目標に足りない科目としてはリスニングが50点、理科科目が53点、国語が134だったのですがこの3つはまだどうにかできると思います。 去年の合格者の平均点が640との記載だったので、残り85点のうち30点は数学で取りたいと考えています。二次にも数学があることを踏まえると、どの単元からどのように勉強するのがいいでしょうか?またマークでの解き方、解く順、時間配分の目安を教えてほしいです。 ちなみに内訳は ⅰA 数と式・図形と計量12/30 二次関数・データの分析18/30 場合の数と確率10/20 図形の性質4/20 もう一つの選択問題は整数の性質でした 2B 三角関数・指数対数関数23/30 微分積分16/30 数列9/20 ベクトル5/20 長くなりましたが、よろしくおねがいします。

高3生神戸大文学部志望です(質問初めてです、不備あったらすいません!) 先日受けた進研マーク模試の結果、数学がⅰA、2B合計で100点足らずでした。合計555で、他の目標に足りない科目としてはリスニングが50点、理科科目が53点、国語が134だったのですがこの3つはまだどうにかできると思います。 去年の合格者の平均点が640との記載だったので、残り85点のうち30点は数学で取りたいと考えています。二次にも数学があることを踏まえると、どの単元からどのように勉強するのがいいでしょうか?またマークでの解き方、解く順、時間配分の目安を教えてほしいです。 ちなみに内訳は ⅰA チャート式数学 数と式・図形と計量12/30 二次関数・データの分析18/30 場合の数と確率10/20 図形の性質4/20 もう一つの選択問題は整数の性質でした 2B 三角関数・指数対数関数23/30 微分積分16/30 数列9/20 ベクトル5/20 長くなりましたが、よろしくおねがいします。

画像の通分というところがどういう通分の仕方をしているのかを教えてほしいです、紙などに書いて下さるとわかりやすいです、、

高校数学Aの集合の問題を解いていて分からない問題がいくつかあったので解説して欲しいです。 ①ド・モルガンの法則の証明 ②和集合の要素の個数 A=<1,2,3,4,5></p>
<p>、B=のとき、n (A∪B)を求めなさい。 ③補集合の要素の個数 チャート式数学 50以下の自然数のうち、7で割り切れない数の個数を求めなさい。 ④100以下の自然数のうち、次のような個数を求めなさい。 (1)4の倍数かつ5の倍数 (2)4の倍数または5の倍数 因みに、②・③・④は答えは分かるのですがどうしてその答えになるのかのプロセスが分からないです。 答え ②6 ③42個 ④ (1)6個 (2)47個

本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Mail

この作品のアーティストの関連作をお届け!アーティストメール登録 書籍 出版社:数研出版
発売日: 2017年12月

この商品の説明

お届けの際のご注意
▼発送時期について

サイト表記の書籍カバーについて

ユーザーレビュー

  • HOME | 本 / コミック | 雑誌 | DVD / ブルーレイ | CD / 音楽DVD | ゲーム | グッズ | アニメ | T会員規約 | TSUTAYA onlineサービス利用規約(T会員版) | オンラインショッピング利用規約 | 個人情報の取り扱い | チャート式数学 個人情報保護方針 | 特定商取引法に基づく表示 | お問い合せ

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 古物商許可番号 301081505239 東京都公安委員会許可

「個人情報のCCCへの提供について」 2014年11月1日より、当社とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(CCC)との間のT会員の個人情報の利用方式を、「共同利用」から「第三者提供」に変更いたします。
当社が、本サービスの提供にあたり当社自らがお客様より取得した個人情報を、次のとおりCCCに対して提供することに、ご同意いただいたうえで本サービスをご利用ください。 ■提供する条件:本サービスに関する利用規約をご確認ください。 -->

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる